書評: ゼロ時間へ

ああ、久々の小説を読んだ。登場人物のいくつもの線が時間とともに重なり、事件となり、そしてある偶然の線により解決される。おもしろく最後まで一気に読めた。ああ、オードリーが幸せになってくれてそれだけでよかった。

小説、ましてや推理小説を読むことは 1 年に 1 冊程度だが、引き続き漁ってみようと思う。アガサ・クリスティーの他の作品も気になるね。この手の手法で書かれる小説のおもしろいこと!謎解きよりも伏線が絡み合う様が好きだ。

カテゴリー:
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください