yt (Youtube API v3 for Ruby) で動画を検索する

コンテンツ・ビジネスが熱いですね。中でも Youtube はダントツで人気 (中毒) !これを活用する手はないでしょう。Ruby の勉強がてら Youtube API v3 を触ってみました。まずは Google が提供しているサンプルで動かしましたが、これが行数多くてmndks、よって yt というライブラリを使うことにします。
今回は動画の検索のみです。

yt

https://github.com/Fullscreen/yt

API_KEY の設定

[cc lang=”ruby” width=”100%” height=”auto” line_numbers=”true” theme=”blackboard” nowrap=”false”]
@category = Category.find(params[:category_id])
Yt.configure do |config|
config.api_key = ‘API_KEY’
config.log_level = :debug # debug で遊んでた
end
[/cc]

検索結果 100件の ID を JSON で出力する

[cc lang=”ruby” width=”100%” height=”auto” line_numbers=”true” theme=”blackboard” nowrap=”false”]
a = Array.new
videos = Yt::Collections::Videos.new
videos.where(q: ‘KEYWORDS’).first(100).each do |item|
a << item.id end @json = {'ids' => a }
render :json => @json
[/cc]

JSON 出力結果

[cc lang=”js” width=”100%” height=”auto” line_numbers=”true” theme=”blackboard” nowrap=”false”]
“ids”: [
“Rn_AAM_cq44”,
“bF22ElI2PFs”,
“a6KFjvZNfYY”,
“EAueRiAWYp0”,
“4egU0Ejgess”,
“ZJ1Qpd5mtGc”,
“0spN7WaGbbI”,
“Fm4D6045St8”,
“IwXUWqxUM7A”,
“CNIKQKvUGaA”,
“nRZWGB89Y3g”,
// 以下略
]
[/cc]

カテゴリー:
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です