致知の付録の山中教授と川口淳一郎の対談のよんでたら


iPS 細胞をつくるのには一人1000万円↑かつ半年以上のコストがかかってしまうのだね、これの対策として血液型でいうO型に位置する HLA 型の人を見つけ、集めてきて培養をすすめることで日本人の八割をカバーできると想定。

すばらしい!

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です