rvm から rbenv に移行

rvm から rbenv 移行だけだったのだが、homebrew おかしかったりといろいろ手間かかった。

  1. rvm をアンインストール
  2. homebrew update のエラーの対処
  3. rbenv をインストール
  4. rbenv で Ruby を 2.0.0 にする

1. rvm をアンインストール

1
2
# rvm 削除
$ rvm implode

2. homebrew update のエラー対処

rbenv の動作には、homebrew で apple-gcc42 を入れる必要がある。
Mac に最初から入っている gcc では正常動作しないようだ。

参照: http://d.hatena.ne.jp/enerick/20120228/1330429199

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
# brew update がエラーになるのでそこから追求
# そもそも、/usr/local の権限 root になっている
$ cd /usr/local
$ ls -dl

# /usr/local の権限変更
$ sudo chown -R [USER NAME] /usr/local

# git add して stash する
$ git add .
$ git stash

# 最後はこれ
$ brew update
$ brew tap homebrew/dupes

# 必要なものをインストール
$ brew install apple-gcc42
$ brew install openssl

3. rbenv をインストール (ruby-build も入れちゃおう)

1
2
3
4
5
$ mkdir ~/.rbenv
# cd ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git
$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

PATH を通す

1
2
export PATH="/Users/[USER NAME]/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

4. rbenv で Ruby を 2.0.0 にする

参照: http://qiita.com/items/9dd797f42e7bea674705

1
2
3
4
5
6
# 2.0.0-rc2 をインストール
# rbenv install 2.0.0-rc2 で良い
$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--enable-shared --with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)"  rbenv  install 2.0.0-rc2

# version を切替る
$ rbenv global 2.0.0-rc2
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です